HSPという個性を知り、より本当の自分を思い出す

こんにちは!

日記を久しぶりに書いていきます。

 

今年の6月に入って、Cちゃんから送られてきたライン。

 

HSP ハイリーセンシティブパーソン??

 

生まれて初めて目にした言葉でした。

 

リンクを辿ってページを読みました。

この時の衝撃を忘れられません。

 

ハイリー・センシティブ・パーソン(Highly sensitive person)という言葉は、

1996年にエレイン・N・アーロン博士が考案した。

 

HSPは生まれ持った気質であり、生涯、変わることはない。

人口の約15~20パーセントを占め、男女によっての偏りは見られない。

 

~Wikipediaより抜粋~

 

この言葉を知ってから約2ヶ月。

 

この言葉を送ってくれたCちゃんは、

私自身の性格が当てはまらない?って思ったそう。

 

リンクを辿って夢中で読んで、

自分の中でカチッと当てはまる感覚がありました。

 

私は今考えるとどうでもいいことで、

くよくよ悩んできました。

 

物事を必要以上に重く受け止め、

責任感でいっぱいいっぱいになっていました。

 

長女だから、自営業だから、と、

凄い頑張りすぎていたと思います。

 

行動というより、気持ちの上で、

頑張りすぎて疲れていたのですね。

 

このHSPという言葉、

そしてこの個性を知ったとき、

正に、自分の性格を言い当てられているような、

そんな変な気持ちになったのです。

 

正確には、以前の自分。

今の私の少し前の自分。

 

オーラソーマというカラーケアシステムに出会ってから、

何故あんなに自分の中にダイブするように、

深く深く自分を取り戻そうとしたのかも、

今ならハッキリ分かります。

 

自分を知っていけばいくほど、

安心感が生まれてくるのです。

 

自分だけが自分の感じ方を理解出来る。

承認欲求が消えていきます。

 

誰かが認めてくれなくても、

私は私の感じ方を認めることが出来る。

 

このHSPについても、

これから綴っていきますのでお付き合い下さい。