お空から

初めて、あちらの世界とのコンタクトが始まったのは子供のある日。

私はある人にメッセージを届けたくて祈りました。

 

そのある人とは、母でした。

 

母は、妹が生まれるまで後数日という臨月のある日、

突然、自分の母親を失いました。

 

車にはねられて、即死という形で。

 

今の私にもその苦しみとショックは想像がつきません。

数時間前まで当たり前に話していた唯一無二に甘えられるたった一人の母との突然の別れ。

 

私は子供心に何故、あんなメッセージを受け取ったのかわかりませんが、

半紙に思いつくまま筆で綴りました。

 

書き始めの言葉は、「のっちゃんへ」

母の母が呼んでいた愛称です。

 

今考えても不思議です。

 

私がミディアムになりたいと勉強を始めた時。

子供の頃の半紙を母から見せられました。

 

え・・・私、完璧にミディアムだったのね|д゚)

 

沢山の人の悲しみに触れました。

思うだけで涙が出ます。

 

私を信頼して訪ねてくれた人や、連絡してくれたみなさまへ、

私は精一杯お伝えしています。

ただただ、もっと詳細にいたるまで、

メッセージを受けてくださった方がもう一度希望を取り戻してくれるまで、

私の修行は続きます。

 

私にとって、ミディアムは母を幸せにすること。

原点はここからです。

 

しばらく続く、ミディアム日記にお付き合いくださいね。

私はご縁がある方と出逢う前、必ずと言っていいほど。夢をみます。

だから、見た夢をお伝えすることから始まります。